苦手なことをさとって欲しい大宮のヘルス嬢

苦手なことをさとって欲しい大宮のヘルス嬢

投稿日:2014年11月4日 カテゴリ:ヘルス

どうしてもクンニが苦手な僕は女の子を舐めることができなかったんですよ。一方、大宮のそのヘルス嬢は僕のチンポコを仕留めようとフェラチオをスタートし、「舐めて」と言わんばかりに女の子の下半身を僕の顔に近づける僕は何とかしようと思ったのですが、どうすることもできずギブアップ。すると女の子は「ローション使う?」と言い、チンポコにローションをつけ、手コキで精液どぴゅっと発射を試みるのですが、僕は上述のシックスナインの時点で既に限界値を越えてしまい、申し訳ないが抜くという気持ちになれなかったんですよ。なんでかな。どうしてもクンニが苦手で、ってそんなことなら風俗くるなよってことになりますからね。ですから発射できなくても文句は言えないかなぁ・・というとこで「じゃあ時間までおっぱい触らせて」女の子「いいよ。好きなだけ触って。おっぱい好きなの?」なんて言われながらさわさわしていてそのうち気分も乗ってきて女の子の手コキで精液どぴゅっと発射できました。そんなところでところにアラームが鳴るシャワーへ行きローションを落とすベッドの上で着替え、女の子にあいさつをしてそそくさとその大宮の店を去りました。またその大宮のお店で指名するのは避けたいと思います。